Enter
「ヘタレ大学生の麻雀格闘倶楽部」反省&考察日記
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:51:20
どうも、なかポンです。

最近は動画のうpよりブログの方がモチベ高いんですが

その辺りは俺の気分次第なので、仕方ない。


まぁ動画の米見るより

こっちの鉄板強者の意見聞いてるほうが有意義だって話なわけですが。

元々俺の動画を上げる理由は

「上手い人の意見を聞いて上手くなりたい」でしたので。

頭ごなしに否定する人の意見なんて、聞くだけ無駄でしょ。
では、本題。

まずはデジタルについて少し。


前回のブログで

「危険度が○%程度の牌を~」とかって話をしたんですが

デジタルってのは、例えば牌の危険度・○順目の和了率など

ある程度、数値化することにより押し引きを明確に分ける打ち筋のことで

少なくとも俺はそう思っています。


「科学する麻雀」って本に牌の危険度について書かれてありますが

例えば牌の危険度の数値化についてでは

ベタ降りする際、安牌がないときどう切っていけばいいのか

という指数になります。

例えば初牌の役牌と筋はどっちが安全なんだ~?とかですね。

俺の覚えている限りでは役牌の方が安全だったと思いますが。

ただそれは相手の仕掛け具合によって変わったりもしますが、その辺りは臨機応変に。


んでもって今日は、牌の危険度を簡単に計算する「18分の1理論」のお話でございます。


例えば

北白一索八筒北三萬
南五萬赤四筒横


こういうリーチが掛かったとします。

まぁたまにあるリーチで「うっは・・・安牌少ね~・・・orz」って萎える場面でしょうか。

頑張って回し打って(俺は回し打ちは必要な状況以外しないようにしています。理由はまた後日)


北白一索八筒北三萬
南五萬赤四筒横六索七筒二索


ここまで粘ったとしましょう。

自分の手に三筒が浮いていて、さて押すか引くか。

基本的にはベタ降りが正解なのですが、そういうのは考慮せず

どのくらいの確率で三筒が当たり牌なのか、それを考えてみる。


そこで使うのが「18分の1理論」ってやつで

やり方は簡単。リーチ者の捨て牌の残り筋を計算して、大体の放縦率を割り当てます。


まず大前提が一つあって

相手の待ちは両面である、これを覚えて置いてください。


方法① 出ている筋を計算する

捨て牌に並ぶ数牌を数えます。

今回の場合は三萬五萬四筒七筒八筒一索二索六索です。

なので安全な筋、つまり通る筋は

三萬六萬 二萬五萬 五萬八萬

一筒四筒 四筒七筒 五筒八筒

一索四索 二索五索 三索六索 六索九索

です。見たらわかります。


方法② 後は計算すりゃOK

ということで↑の筋の合計は10個。

全ての筋18-10で残り筋は8個

なので三筒は8分の1の確率で放銃するってことです。

パーセントになおすと12.5%ですか?


この数値を高いと見るか、低い見るかは個人差だとは思いますが

まぁ簡単にこういう計算方法はあるのです。


ですが、実用性はと言われれば微妙なトコです。

MFCだと自分の持ち時間が少ないため、数える時間がありません。

両面のみを考慮しているため、シャボ・嵌張・辺張・単騎には刺さります。
(まぁそれを言ったら筋の意味がなくなってしまいますが)


ただ、これは考える時間がある対局とかだと以外に使えたりするそうです。

1つの筋辺りの放銃率が低い場合、自分の手と相談して行くか行かないかを決める指針になったりします。

まぁ言っておいてなんですが、俺は全然使ったことないですw

後々牌譜検討とかで、「あぁ行ってもよかったのかなぁ」とは思ったりしますが

基本的に俺はベタ降り中心なので。

まだ自分の手を考慮する押し引き判断が出来ないんです。

その辺りが俺の次の課題になると、自分では思ってます。
次の記事:東風戦
このページのトップへ
前の記事:MFC中断

コメント
No title
こんばんは。<科学する麻雀>持ってるんですねw その本の内容を実践すればかなり強くなると思います。

おば火山│URL│2009/11/02(Mon)23:28:12│ 編集
No title
自分の場合流れ論者なので、勢いがあるときは押す流れが悪いときは引き気味に打つという感じです。

これはゲームの麻雀の場合あてはまるか分かりませんが、実践ではこのように打ってます。

牌効率も大事でしょうが、自分はこちらに重きを置いています。

モッズ│URL│2009/11/02(Mon)23:49:36│ 編集
No title
頼む。「確率」って書いてくれ
「確立」は「ブームを確立」とかそっちの方向の意味なんだ

凸の本を持っているのなら、
MFCがインチキなのかどうかの謎は解けると思うんだが・・・
こればかりはそれに気づくセンスもかかってくる。
歳食えば経験で覚えやすくなるけど早い方がいいに越したことはない。

>>18分の1理論
これもノーコメントかなあ。
クソ待ちをある程度使いこなせるようになると
あまりそういうアンチョコでやろうとは思わないんだが
それがいいのか悪いのかはちょっとわからない。おれ火力なくて2着ばっかだし

AGDQ.│URL│2009/11/03(Tue)09:12:03│ 編集
No title
18分の1理論かぁ…良さそうですね。

確かにダブリー時に危険牌(=無スジ)を通してもあまり当たらないのは、
当たり牌に対して危険牌が多いですからね。
逆に終盤のリーチは、危険牌がダブリー時より少ないですから、
危険牌が当たる確率は高いという訳で…いいのかな?

まあ俺は使いこなせそうにありませんが、
日記に書いてみたいですね(笑

ダーン│URL│2009/11/03(Tue)12:53:01│ 編集
No title
宣言牌が4pで7pの裏筋の3pなんて僕は死んでも切らないですよwww
あぁ、それと麻雀に確率論なんて無理ないです。見えない情報が多いのに、確率を持ち出すのは・・・失礼な言い方ですが、数学勉強してるのかな?と思います。
12.5%が何と比べて高いのか低いのか、確率出すため条件が単純すぎる。

確率なんてのは可能性であって、その可能性にかけて麻雀してる限り、コンスタントな勝ちは難しいんじゃないですかね。いわゆる可能性麻雀とか、確率麻雀なんてしょせんはゼンツなだけですし。
初牌の字牌をリーチ者の一発目に切って刺さった後に『こっちのほうが刺さる確率低いから。』とか言う奴いたら僕は頭大丈夫かこいつ?と思いますけど。


押し引きは基本的に経験ですからね。自分の手牌との相談じゃないですか?
最近ACEには行ってませんが、もし気になる点があればいつでも直接聞いてください。ただ、自分は半荘しか打ちませんのでw

ひばり│URL│2009/11/03(Tue)14:21:58│ 編集
No title
>>ひばりさん
確率論で麻雀を打つ人もいますよ(´・ω・`)
うちの学校の数学の先生が確率論で麻雀を打つことがあるらしいです。

シナさん│URL│2009/11/03(Tue)18:52:11│ 編集
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
<AGDQ.s
いや、ホント申し訳ないm(_ _)m
一応脱字くらいは見直してるんですけど、変換ミスまで目が届きませんでした。

書いたらわかると思うんですけど
このくらいの文章書くのに30分くらいかかるんです・・・w


<ド鉄板強者ひばり様

並び打ちっすか!?並び打ちフラグですか!!??
鉄板強者の意見は是非参考にしたいので、機会があれば是非。
とは言え俺も最近忙しかったりするので、お互い時間空いてる取れるか微妙なトコですが・・・( ̄Д ̄;;

確率論、ってのは間違いなのかもしれませんが
俺はある程度麻雀は確率で打たれるべきだとは思ってます。

例えばですけど
リーチ者に現物が無い場合は、捨て牌にある筋を切ったりすることがありますが
あれは「現物の筋は放銃する確率が低い」からです。
他の人は「それがセオリーだから」って言うかもしれませんが。

まぁ雑魚の俺の言ってることなので、俺の頭は大丈夫じゃないかもしれませんw

なかポン│URL│2009/11/03(Tue)23:51:11│ 編集
No title
18分の1理論は巷でよく聞きますね。
でも両面率50%、字牌待ちもあることを考えてこれをアテにしようとしたことはないですw
とにかく相手のリーチがきたら、あるいは来る以前から安全度の高い牌を絞り出してますよ、めんどいですけど。

三天寺│URL│2009/11/05(Thu)02:24:56│ 編集
No title
私はリーチがかかると1/18理論の数を数えます!

参考にするしないはおいといて、
数えると何か安心しますwww

タイゾー│URL│2009/11/05(Thu)02:37:30│ 編集
No title
使えそうな理論ですな~

おいらもどちらかというと三天寺さんと一緒で通りそうな牌を絞って打ちまわしてます^^
たまに失敗しますがwww

変態2世│URL│2009/11/05(Thu)21:14:01│ 編集
No title
>>シナさん
あぁすみません。若干のコメント不足ですね。一応僕も理系でして(専門が理論物理なので、そこそこ数学も勉強してますw)、学部レベルの数学を学んだ上で確率は無意味だ。と思ったんですね。

確率ってのはおよその可能性であって麻雀にはそれは意味がないんですよね。1枚でも山に残ってたら上がれるわけですし。
とはいえ、牌効率を無視した打ち方じゃ勝てないの事実です。でも牌効率は確率じゃあませんよねwただの有効牌の枚数ですしw
そもそも数学(確率論)ってのは『数学上の確実な答え』と言うものを導く学問であって、それは麻雀に適用するのは数学者に失礼だと僕に思いますw
確率論で麻雀の強者が決まるなら、一番強いのは頭の良い数学者ってことになりますw


>>なかぽんさん
強者と様付けは辞めてくださいw僕はまだまだ弱いですしw
まぁ色々と忙しいと思いますが、新作が出たときにいつか並びでもしましょう^^
最近、ACEで知り合いが打ってなく、一人で打ってても寂しいんですよねwww

ひばり│URL│2009/11/07(Sat)13:03:51│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://mfcnakapon.blog6.fc2.com/tb.php/76-381b0ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
時計
プロフィール

なかポン

Author:なかポン
○麻雀格闘倶楽部
カード名【なかぽん】黄龍LV46
東風リーグS
半荘リーグS
秋刀魚サバイバルS
雀指数 2300

カード名【PON!】青龍六段
雀指数 2438


○MJ(PC)
基本秋刀魚しか触っていません


SkypeID:nakapon1024
リンクはフリーです。お気軽にどうぞ。

最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。